美容室のコロナ対策どこまでやるべき??

「販促は1日にしてならず」
美容業界に新しい風を吹かせる!
それがブルーオーシャンオフィス!

【お客様の感情に寄り添った対策をしよう!】

◆美容室でもビニールシートは貼った方がいい?

◆フェイスシールドはした方がいい?

◆都会と田舎では温度差があるような…

◆ぶっちゃけやり過ぎ感があって微妙

◆暑いし蒸れるし、髪型が崩れてオシャレさに欠けるからフェイスシールドはしたくない

 

美容室でのコロナ対策。
いろいろな考え方があると思います。

でも、大切なのは、
自分の感情ではなく

============
お客様の感情に寄り添った
対策をするということ。
============

フェイスシールドをされて施術したら、「私のことをウイルス扱いしているの?」なんて思われないだろうか?

とか、

逆にしていなければ、
「ちょっとフェイスシールドもしないで、不特定多数の人と接するお仕事なのに、私に移さないでよね!」

とお感じになるお客様もいらっしゃるのかな…

とかとか。。。

大事なのは、
そのお客様ごとの感情に合わせて、柔軟にこちらが対応していますよ、という姿勢を見せること。

お客様が今どちらの感情に振れていようと、私たちが行っている対策はあくまで「お客様の安全と健康のためです」ということを、きちんと説明することが大切です。

 

そして、お客様ごとにご希望がございましたらつけさせていただきます、という対応でも構わないと思います。

決して、これやりましょうね!という意味ではなく・・・

 

お客様の感情も人それぞれなので、敏感に感じ取って対応してあげたいですね。

 

「販促は1日にしてならず」
川田でした。

 

美容室経営のお役立ち情報発信中!
↓↓↓

ブログの感想もこちらまで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です