2021年は、生きた情報を貪欲に取りに行け!

「販促は1日にしてならず」
美容業界に新しい風を吹かせる!
それがブルーオーシャンオフィス!

ブルーオーシャンオフィス川田です^^

昨日動画をご覧いただいた方々から「ここ数日マインドが崩れていた時だったので助かりました!」とか「あの緊急事態宣言中のチラシは衝撃的でした!」など、沢山のコメントを頂きました。

ありがとうございます!

 

昨年2月頃から世界中を一変させた新型コロナウィルス。

いったん収束を思わせましたが、年末にかけて感染者が一気に増え今年に入り再度緊急事態宣言となりました。

現在、緊急事態宣言は11都道府県に拡大しています。

飲食店や観光業は昨年から大打撃を受け、赤字決算の会社が跡を立ちません。
各企業も今年に望みをかけた矢先の緊急事態宣言で、大手・個人に関わらず、今後倒産企業は増加してしまいそうです。

美容業界においても、「ディーラーが倒産した!」とか「近所の美容室が3店舗も閉店した!」など、経営バランスが悪い会社は倒産や閉店を余儀なくされています。

もう他人事ではない状況です・・。

 

あなたのお店はいかがでしたか?
2019と2020年を比較して昨対何%でしたか?

私も全国の個人店美容室を100店舗以上みていますが、一番伸びているお店は昨対150%を超えているお店もあります。

↓↓

コロナ禍でも昨対138%UP!女性スタッフ10名の美容室【埼玉県坂戸市】

Hさんはインタビュー時は昨対売上138%でしたが、さらに成長を続けて、現在は150%を達成しています!

これまで5回紙ペンセミナーに参加し、昨年だけで3回も紙ペンセミナーに参加しました。

しかも紙ペン中級コースも受けて、数字会計セミナーも受講しました。

 

正しい学びを行い、正しい方向へ努力を積み重ねれば、厳しい状況下においても結果を出すことが出来るということを、彼女は教えてくれました。

 

私がサポートしている方々は、全体で平均すると昨対100%くらいが平均値かと思います。

緊急事態宣言中の3.4月の減少を、他の月で取り戻した形です。

 

コロナ禍でも、売上が上がっているお店はたくさんあります。

昨年の表彰サロンはこちら

↓↓

コロナ禍の2020年3月にオープン!事業計画以上に売上アップで連続成長中!【埼玉県久喜市】

4年間で売上2倍!じっくり無理なく楽しい販促で理想を叶えたご夫婦サロン【栃木県栃木市】

美容室激戦区で新規集客なしで100万超えキープ!女性一人経営【千葉県柏市】

完全週休二日!8時間労働!技売生産性@100万円!コロナ禍でも着実に成長中【大阪府泉佐野市&岸和田】

先日も、LINEからこんなメッセージをいただきました。

 

「ニュースを見ていると暗い話題ばかりが流れてきますが、川田さんからの情報を見ていると、そんなことないんだな!と気付かされます。」

「TVや新聞などの情報に惑わされないで、成功している人のお話が聞けるのはありがたいです!」

 

そうなんです!

暗いニュースに引っ張られて気持ちが落ち込み、休業要請が出てもいないのに自粛をして、自ら売上を落とさない様にしてくださいね。

 

あなたのお店はいかがですか?

2019と2020年を比較して昨対何%でしたか?

 

仮に…
前年より10%落ちて昨対90%だったお店があったとします。そのお店は今年「死ぬ気」で頑張らなければいけません!
※死ぬ気とは、本気より上で、命懸けでやる!という意味

何故「死ぬ気でやらなきゃいけないか…」わかりますか???

 

それは何故かというと、、、数字とは恐ろしいもので・・

仮に2019年の年間売上げが1,000万だった場合、昨対90%という事は2020年は900万ということになりますね。

その2020年900万に対して、もし今年2021年が昨対100%だったら、900万です。昨年に対し100%では、900万に落ちたままということになります。

 

もし2019年の売上げ1,000万に戻そうとするなら、今年は昨対111%を達成しなければならないということです。
※1,000万→900万(昨対90%)→1,000万(昨対111%)

 

万が一、2021年が2期連続で昨対90%で終えることになった場合、売上は810万ということになりますから、2年前から比べると約20%減少することになります。
※1,000万→900万(昨対90%)→810万(昨対90%)

 

20%落ちてしまうと、挽回するにも、元に戻すのは簡単な事ではありません。

 

 

ですので、今回昨対90%だったお店は、今年はコロナ禍が続く中、最低でも「111%」を目指していかなければならないということです。

「死ぬ気でやらなきゃ」という意味が分かりましたか?

 

しかしながら、前述のように、コロナ禍においても売上げが伸びているお店もあります。

では、それらのお店の共通点は何なのでしょうか?

 

私が見ている限り、伸びているお店の共通点は・・

「生きた情報を貪欲に取りに来て、取り組んでいる!」

ということです。

 

私は、昨年4月の30日間動画チャレンジ以降、YouTubeもライン公式もFacebookもブログもろくに配信せず、全神経を全国100名のサポートメンバーに集中し、サポートをしてきました。

世の流れ、感情を読み取り、様々な販促を指示し、添削を繰り返し、髪を切る時間も取れないくらい集中した半年間でした。

 

【昨年5月以降私が指示してきたこと】

  • 昨年のGW中にノーセールスチラシを撒くこと
  • つぼ押しメニューをプレゼントして一年間DMを送り続けること
  • LINE公式の新機能を使って、◯◯配信をスタートさせること 
  • 昨年末に、上位客でご来店がないお客様へお手紙を出すこと
  • 昨年末に1・2月の集客の為にくじ引き企画の準備をすること
  • 昨年末に「ノーセールスの文字だけチラシ」の準備をし1/7頃に到着するように撒くこと
  • 1/7の緊急事態宣言の翌日、1/8に動画を撮ってLINE配信すること etc.

 

他にもまだまだ沢山ありますが、持てる力を全部集中し、細かな販促まで指示し、客数減や客単価UP対策、来店頻度の間延び対策などを行ってきました。

その結果としてコロナ禍でも、多くの美容室が落ち込まずに済みました。

これは本当に嬉しかったです!

 

今振り返ると、ポイントは「世の中の状況変化とお客様の感情」を事前に詠みとって、その時その時で、冷静に的確な判断をする事でした。

その時その指示を受け取った方々は「えっ?今チラシ?」とか「えっ?手紙?」とか思ったかもしれませんが、

結果が出せた今となっては「これが生きた情報」というものだと確信しています。

 

美容師さんは皆、「情報が欲しい!情報が欲しい!」と口にしますが、本当の「生きた情報」って何なのでしょうか??

一度立ち止まって、考えてみましょう^^

 

【昨年5月以降私が指示してきたこと】

  • 昨年のGW中にノーセールスチラシを撒くこと
  • つぼ押しメニューをプレゼントして一年間DMを送り続けること
  • LINE公式の新機能を使って、◯◯配信をスタートさせること
  • 昨年末に、上位客でご来店がないお客様へお手紙を出すこと
  • 昨年末に1・2月の集客の為にくじ引き企画の準備をすること
  • 昨年末に「ノーセールスの文字だけチラシ」の準備をし1/7頃に到着するように撒くこと
  • 1/7の緊急事態宣言の翌日、1/8に動画を撮ってLINE配信すること etc. 

 

あなたは、これらの対策の中で、タイムリーに取り組めたことはいくつありましたか?

これらの対策が、ひとつでも美容雑誌に掲載されていましたか?

マーケティングを教える本に書いてありましたか?

ネットで「コロナ 美容室 経営」と検索して、どんな具体的な情報が出てくるのでしょうか?

メーカーさんやディーラーさんから、どのような情報が降りてくるのでしょうか?

ネットでどこにでも情報が落ちている超情報社会だからこそ、あなたはどこから「生きた情報」を取っているのですか?

 

私から言わせると、

ハッキリ言って情報の取り方から、既にセンスなんです…

 

実際に僕だって、判断に必要な情報や最新情報はお金を払って諸々の世界に学びに行ってます。

その辺のネットに落ちてはいないです。

友人に聞いて返ってくるようなものでも無い。

「生きた情報」なんて、自分で貪欲に取りにいかないと落ちてはいないんですよ!

 

良いですか?もう一度言いますね。

貪欲に「生きた情報」を取りに行くんですよ!

数字が上がらないのは誰のせいでもない。
全て自分自身の責任です。

 

「マーケティング脳」は、技術と同じで、鍛えないと身に付きません。

紙ペンを一度受けてDMや手紙の出し方、チラシの出し方のテンプレを習って知った気になっているなら、それはスキルではない。単なる知識です。

それを使うべきタイミングで正しく使えないんだから、価値がないのと一緒です。

 

これはあまり言いたくはないのですが・・

本当に経済が悪くなってくるのはこれからです・・・。

 

来年はコロナが収束して、経済が良くなるといいよね、なんて楽観視していてはいけません。本番はこれからです。

 

自分で状況を判断し、今何をやるべきか?を考え出せるようにならないと。

それが出来ないなら、勉強するしかないんですよ。

 

昨年、昨対を割ってしまったお店は、今年は何としても取り戻す一年にしなければなりません!

貪欲に、死ぬ気で今年勝負しないと、2022年、2023年と、もっと大変なことになるでしょう。

 

今回はちょっと厳しめにお伝えさせていただきました。

コロナのせいにして、売上げも気持ちも落ち込んでいる人に喝を入れたくて!

 

僕はもう、閉店するお店を見たくないんです・・。

 

今年も、私はサポートメンバーの為に付きっきりになると思います。

YouTubeもライン公式もFacebookもブログも、ろくに発信できないと思います。

紙ペンセミナーでお伝えしている通り、私は新規より既存を大切にする流儀なので、ご理解くださいね。

 

【紙ペンセミナーを二月に急遽開催します!】

昨年末から紙ペン開催して欲しい!という問合せをいただき、2月から緊急開催致します!

たぶん、緊急事態宣言は延長され長引くので、この2.3.4月で「生きた情報が欲しい」という方はぜひご参加ください。

世の中の変化やお客様の感情を読み取り、的確な指示を今回のセミナーの中で発信します。

 

また、「今年は死ぬ気で取り組む!」という方も、ぜひご参加ください!必ずお力になれると思います。まずは落ちた数字を一緒に取り戻しましょう!!!

今回の紙ペンセミナーは、まだほとんど知られていない「LINE公式の新機能」や「先日1/7の緊急事態宣言発表の日に新規7名を叶えた驚きの新規集客」などアップデートした内容でお届けします!

 

「生きた情報」は、待っていてもやっては来ません。

「生きた情報」は自分自信で取りに行くものです!

 

学びを止めた時、成長も止まる・・

このコロナ禍を一緒に乗り越えていきましょう!

心から応援してます!

ブラック川ちゃんでした

来月2月スタートの詳しい日程はこちらから
  ↓↓↓

美容室経営でこんなお悩みございませんか?

 

PS
私は、人々が疲弊している世の中で、「癒し」や「心の繋がり」を提供できる美容室というお仕事の未来は、まだまだ明るい!!と思っています。

しかしながら、今までと同じ様なやり方では生き残っていけません。

 

一歩先へ、今、人々に本当に必要とされる新しい美容室像を作り上げていきましょう。

                   

 

「販促は1日にしてならず」
川田でした。

 

美容室経営のお役立ち情報発信中!
↓↓↓

ブログの感想もこちらまで♪

1 個のコメント

  • 今回いろいろ大切なキーワードに気づかされました、
    1、マーケティング脳は技術と同じ鍛えるべき
    2、生きた情報
    3、世の中の状況変化とお客様の感情を事前に詠みとり
      その時、その時で的確な判断をする
    川田さんの販促、マーケティングって行動することで結果が出てきますよね、どれだけの熱量でやるかどうかだとおもいます。20年は前年比103・5%でした今年は120%目指して取り組んでいきます、いつも生きた情報を本当にありがとうございます‍♂️

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です