第1回美容室POPコンテスト 準グランプリ発表!!

第1回美容室POPコンテスト 準グランプリ発表!!|Kawada Takeshi

「販促は一日にしてならず」

美容業界に新しい風を吹かせる!

それがブルーオーシャン戦略!

昨日のPOPコンテスト第3位の発表後、数名からこんなコメントを頂きました!

自分のPOPを見直したら…まだまだでした…。
レベルを高められるように頑張ります!

このような内容でした…

 

でも、全然大丈夫!

全く、心配いりません!

 

だって最初は皆誰でも上手に出来ません。

スポーツでも技術でも、勉強でも、失敗し経験し、正しい知識を身に付け、繰り返し継続する事で、必ず力は付いて行きます。

このブログでは、「正しい知識」を元に「行動を起こし」「継続して」「成果に繋げて頂く」為に、成果実証済みの有益な情報を提供させて頂いております。

 

今回、セミナー受講者の50サロンにご参加頂き、優秀なPOPが160枚ほど集まった中で、

販促のプロ5名が一枚一枚確認し、最終選考で11枚ほどに絞られ、その中で3枚選ばせて頂きました!

本日準グランプリ、明日グランプリ優勝作品を発表したいと思います!

==================

それでは発表します…

準グランプリに輝いたのは…

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ…

 

じゃん!

第1回美容室POPコンテスト 準グランプリ発表!!

 

仙台市のGiselle(ジゼル)様

☆おめでとうございます☆

準グランプリ作品

第1回美容室POPコンテスト 準グランプリ発表!!

(ちなみに、このシャンプーは、セミナーでもお伝えしたオリジナルシャンプーとのことです。)

このPOPには審査員5人も

完全にやられましたっ

「美容室なのに警察署にあるようなPOPが貼ってあるこの違和感」

このギャップにお客様は驚きますし、好奇心に繋がるのです!

さらに、

手書き(これは当たり前ですね)

専門用語がないので伝わり易い

擬人法(シャンプーを指名手配犯)

セールス感が全くない

これだけでも、お客様に声を掛けて頂ける要素が詰まった素晴らしいPOPです

 

さらに、私たちは毎日、何十枚のPOPを見てますので、ここから更に掘り下げたプロの解説です!

 

そもそもメーカーさんの作るPOPもそうですが、多くのPOPというのは、商品の特徴(メリット)や価格を並べてしまいます。

 

しかし、それだけだと、セールス感も強くなり、商品のスペックと価格だけで買う買わないを判断されがちです。

 

本来お客様にお伝えしなければいけないのは、商品の特徴より、これを使った時のお客様のご利益(ベネフィット)を伝えなければなりません。

※ご利益(ベネフィット)とは、お客様の感情に働きかけるワードの事です!

 

例)ライザップに通うと…  →  痩せる(商品の特徴)
  ライザップに通うと…  →自分のボディに自信が持てて水着姿を見せたくなる(ご利益・ベネフィット)

 

トリートメントすると…→サラサラツヤツヤになる
トリートメントすると…→テンションが上がって明日からまた仕事も家事も頑張れる(ご利益・ベネフィット)

 

ではそれを踏まえ、再度準グランプリ作品を見てみましょう!どこにベネフィットが隠されていますか??

第1回美容室POPコンテスト 準グランプリ発表!!

答え

罪状→女性がラクにキレイになりすぎる罪

(これがご利益・ベネフィット)

商品の特徴は下に書いてあるのが分かります。しっかりと、ベネフィットと特徴を分けて書いてあるという点が何より素晴らしい!(それを罪状という形で)

 

さらに、今後次の手を打つとしたら…

「沢山の方に指名手配犯を捕まえて頂き、ありがとうございましたキャンペーン!」

皆様のおかげで犯人捕まりました!

感謝の気持ちを込めて、お礼のキャンペーンを致します

 

さらに数ヶ月後は…

大変ですまた犯人が逃げ出しましたキャンペーン。
懸賞金4800円!

そして、捕まりましたキャンペーン。

 

飽きるまで、

エンドレスに続きますね笑

 

効果が出ているPOPは、成果が出なくなるまで使すのが鉄則です!

 

年末に予め入賞をお伝えし、アンケートにご協力頂きましたのでそちらもご紹介させて頂きます!

==================

 Giselle様オーナーにアンケート

第1回美容室POPコンテスト 準グランプリ発表!!

(1)POPをやる前とやった後でどんな変化かありましたか?

POPを貼り出す前は、私達からお客様へ、なんとなく商品やメニューのご案内をする程度の事しかできていませんでしたが、

この手書きPOPを貼り出してからは、「アレ面白いね」とお客様が笑顔になり「何?何?」と気軽にお客様から質問されたり声をかけて頂けるようになりました。

⑵売上的な変化はどう変わりましたか?

売り上げの劇的な変化は残念ながらまだありませんが、今までPOPに全く興味を持たれなかったお客様の目にとまる様になったので、
私達がどんな方へもアプローチしやすい雰囲気になりました。

⑶手書きでPOPを作ってみて、スタッフさんや皆さんの変化はどう分かりましたか?

今まで手書きPOPは作った事がありませんでしたが、川田さんの言葉…

「上手に書けなくても、字が下手でも大丈夫、まず自分達で作る事が大切!」という言葉を信じ、スタッフは楽しみながらPOP作りができたようです。

⑷どんな点に注意してやりましたか?

インパクト!!
遊び心!!
見やすさ!!

⑸これからPOPを作ろうと思っている人へメッセージをお願いします!

自分達が楽しみながらPOPを作ることで

お客様もPOPで楽しくなれる(“⌒∇⌒”) 

第1回美容室POPコンテスト 準グランプリ発表!!

追伸

Giselleの皆様、おめでとうございました!
そして、ご協力ありがとうございました!

さらに成果に繋げるのであれば、2次POPを作成し、もっと深いこだわりや導入の想いなどを伝えて行くと良いですね!

 

また、最後の一押し(オファー)も数量、期間などの限定性や希少性を上げると販売に繋がり易いと思います!

 

ぜひ、皆様も今後のPOP作りの参考にして下さい。

 

美容室に限らず、飲食店も整体院もケーキ屋さんも洋服屋さんも雑貨屋さんもラーメン屋さんも同様です。

 

「物」や「メニュー」を店舗を構えて販売している経営スタイルの方々は、オススメしたいメニューや物に、

いかに興味を持ってもらうか…価値(想い)を伝えるか…セールス感を無くしセールスするか…売らずして売るか…

 

それには、スタッフ教育するのと合わせて、POPをマスターすることが一番の近道です!

 

人はセールスされる事が嫌いです!であれば、お客様に声を掛けて頂けるPOPを作れば良いのです!

明日はいよいよ、

グランプリ作品の発表です

 

「販促は1日にしてならず」
川田でした。

 

美容室経営のお役立ち情報発信中!
↓↓↓
ブログの感想もこちらまでお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です