昨対売上140%!客単価2,000円UP!【新潟県三条市】

昨対売上140%!客単価2,000円UP!【新潟県三条市】|Kawada Takeshi

「販促は1日にしてならず」
美容業界に新しい風を吹かせる!
それがブルー・オーシャン戦略!

本日ご紹介する美容室は、新潟県三条市にある美容室A様!

美容室AのFオーナーは、私が約3年前に立ち上げた頃のセミナーにご参加頂きました。

その当時、Fさんはまだスタッフとして働いていたのですが、現在はお店をオープンし着々と成長されています。

今回は、独立からこれまでのお話を色々と伺ってきました。

 

営業終了後に、お話を伺いに新潟県の三条市へ・・。

いつもドキドキするこの瞬間・・・

Fさん!こんばんは!

ご無沙汰してます!

笑顔でがっちり握手!!

 

とてもオシャレな空間で、素敵な雰囲気の中、
早速、詳しくお話を伺ってきました。

>>Fさんが参加したセミナーはこちら

地域名+美容室名でSEOで記事が上がってきてしまうため、このブログではお名前をイニシャル表記とさせていただいております。

 

本日はインタビューよろしくお願いします^^
ではまず、Fさんが美容師になろうと思ったきっかけは、いつぐらいでしょうか?

俺そんなに、みんなみたいに小さい頃から美容師になりたかったとかではないんですよ笑

工業高校の機械科出身なんですけど、次の進路を考えるとなった時に、この仕事は溶接とか旋盤とか、危ない仕事ばっかりで、手が飛ぶとか指がなくなるみたいな話をたくさん聞かされたんです。

そんな話を聞いていたら、段々と機械系の仕事は嫌だなと思って笑、反対の業界に興味を抱いたのがきっかけです。

 

美容師さんの世界は機械系とは対局で、キラキラしていて、きれいな感じで憧れました。

そこで、高校を卒業と同時に新潟市内の美容専門学校に通いました。

 

卒業後、美容室に就職したのですが、最初の1年で手荒れがひどく、美容師からは一度離れたこともありました。

しかし、やはり美容師がやりたいと思いもう一度再就職。地元の加茂市の美容室で働き始めました。

 

そうだったんですね!
独立は専門学校時代から考えていたんですか?

いえ、独立しようとは全く思っていませんでした。

元々誰かの後をついていって、誰かに引き上げてもらおうという考えのタイプだったので笑、自分でやろうなんて考えたこともありませんでした。

でも、「あれ、誰もどうにもしてくれる気配がないぞ」と、気づいて、独立することにしたんです。

 

そのきっかけとなったのは、33歳の時のことです。

 

以前勤めていた美容室のオーナーから

「この先どうするか考えておいて」

と言われたんです。

 

「え、逆にこのお店はどうするんですか?」と当時のオーナーに聞いたら「現状維持だ」と言われました。

「お店を引き上げることはしないけれど、俺は売上も現状維持でいいし、店舗も広げるつもりはない。」とのことでした。

 

 

遠回しに、辞めるか辞めないかの選択を迫られた瞬間でした。

 

 

しかし、お店は1店舗で、現状維持と言われたものの、年々売上は下がっていく一方。

現状維持もままならない状態で、お給料も20万円ぐらい・・・
ここから税金なり諸々払ったらほとんど残らない。

 

結婚していて子供も2人いたので、こんなんじゃ生活していけない!

もうこのお店でやっていても仕方ないなと思い、独立するために動き始めました。

 

そんなストーリーがあったんですね。
自分でなんとかしようと立ち上がる決意をしたのはスゴイですね!

以前までの自分は、いつかお給料は上がるだろう、頑張ってれば上がるだろうと思っていたんですが、どうも違うみたいだ・・ということに、この時ようやく気付いたんです笑

 

アシスタントの時はお給料が12万円ぐらいでしたし、その時から比べれば上がりましたが、お給料に関しては、疑問はありました。

でも、美容師仲間に聞いても「俺もそのぐらいだ」としか言われないので、そんなもんなのかな・・と当時は諦めていました。

 

ある意味美容業界の洗脳みたいな感じというか、それが普通だと思っていました。

 

美容師さんのお給料は低くて当たり前みたいな、間違った先入観は蔓延している感じがありますね。
自分のお店はその後すぐ出したんですか?

いえ、もちろんお金がないのですぐには出せず、最初は夜バイトに行きました。

夜の21時から深夜2〜3時まで、運転代行をやりながら、昼間は美容師を続けました。

でも、月曜日だけ物件を探していても全然見つからなくて、思い切って美容師を辞めました。

 

いつも思い切りがすごいですよね!

そうですね笑

お金はないけれど、美容師以外の職業だってあるし、まぁなんとか生計は立てられるだろうと思って、その美容室を辞めました。

 

その間は面貸しで美容師をやらせていただけるところがあったり、他のバイトも時間を増やしたりして頑張りました。

オープンするまでは、なんだかんだ丸一年かかりました。

 

お子様がいて、奥様には反対されなかったんですか?

実は当時少し仲が悪くなっていて、「やるんだったらやれば」という雰囲気で、特に反対はされませんでした。

 

以前と同じだけの額面はきっちり家に入れていましたが、当時の俺の生活がまるでフリーターみたいな感じだったので、あまり良くは思われていなかったんです。

 

自分の目標に向けて努力を重ねる姿勢はすごいですね。
今から2年半前にオープンされた際、お店の滑り出しは順調でしたか?

売上は少なかったけれど、自分一人だったらまぁなんとかなるかなって感じでしたね。

自分の地元は加茂市なのですが、お店は人が集まる隣町の三条市に出しました。

加茂(地元)から三条に行く人はいるのですが、三条から加茂(地元)に来る人は少ないので、三条に出店しました。

面貸しの時のお客様も、来てはくれないだろうなと覚悟はしていたのですが、思ったよりも来てくれて嬉しかったのを覚えています。

 

その頃、紙ペンセミナーにご参加されたのでしたっけ?

いや、一番最初はオープンする前の年、2016年に新潟でやっていたセミナーに参加しました。

川田さんがセミナーをはじめた初年度の年じゃないですか笑?

 

しょ、初年度ですね!うわ、なんか恥ずかしいですね笑 
そうでした、その後オープンしましたって連絡いただきましたね!なんでオープン前に来たんですか?

自分がこれからオープンするにあたって勉強したかった、っていうのも勿論あるんですが、その当時働かせていただいていた面貸しのお店にセミナーの案内が来ていたので、俺も参加されてもらったという経緯です。

オープンの仕方も、経営の仕方も誰も何も教えてくれなかったので、自分で勉強しなきゃな!と感じていました。

 

わーそうだったんですね。
僕の一番最初のセミナーを知っている数少ない人ですね!お店のコンセプトなどは完璧でしたか?

お店作りの方は、周りの勧めもあり、今風のオシャレな感じにしました。

でも段々と勉強してきて、周りに言われたままオシャレに作っては見たものの、「それ以外にも大切なことがあるんだ」ってことを実感しています。

 

事実、お店をオープンしてからもう2年半経つのに、今日いらっしゃった新規のお客様に「このお店はいつ出来たの?」と言われてびっくりしたぐらいです笑

ほんとすごい近いところに住んでらっしゃる方に言われると、悲しくなるというか、目が覚めますね笑

自分が思っているより、周りには伝わっていないし、ただオシャレに作れば集客できるなんて、大間違いだな!って今ではわかります。

 

その方は、俺が今までに撒いたチラシを3枚とってくれてあるとおっしゃっていて、とても嬉しくなりました。

お店がオシャレだから来てくれているわけではなく、自分の販促活動の結果がこうして表れると、嬉しくなりますね。

 

素晴らしい!
一番最初のセミナーから「なるほど!」ってなりましたか?

いや、全くなりませんでした笑

とりあえず「マインドセット」って言葉が怖すぎる!

オウ◯真理教みたいな感じかなと思いました!笑笑

 

しかも当時は自分でお店も持っていない状態だったので、聞いたはいいものの、何も実行できる状態ではありませんでした。

自分はすごいやってみたかったんですけど、一緒に行った方は反対派だったので。

 

一人専門学校時代の友達がいて、その人はもう自分の家で美容室をやっていたんですけど「お前の店のウリって何なの?」と聞いてきたんです。

 

でも聞かれても「知らねぇよ」って感じの状況でした笑

 

他にもたくさん質問されましたが、何を言われてもよくわからない状態で、とりあえずお店を出せば人は来る!とその時はまだ思っていました。

 

でも、その人にも色々言われるし、川田さんにも言われるし、だんだんと「もっと経営について深く考えないとダメなんだろうな…」と思うようになりました。

 

マインドセットって言葉・・確かに怖いですよね笑 
販促にそこまで力を入れていない状態で、お店の経営はいかがでしたか?

それこそオープンすれば勝手に人は来るものだと思い込んでいたので、思ったより来ない現状に「あれ?なんか違うな」と感じました。

 

加茂に勤めている時は、何もしていないのに人が来ていたんですよ。

でも、それは時代背景だったり、競合するお店も少なかったり、色々な要因があって来客があったんだと今ではわかります。

 

なるほど、自分で分析が出来るようになってきたわけですね。
それで、集客を叶えるために、2回目のセミナーに参加したんですか?

いや、その前に、2017年の年始に、川田さんから「先着何名でチラシ作りお手伝いします!」みたいな配信があり、それがちょうどオープン前だったんです。

 

当時のチラシのお手伝いブログはこちら
↓↓↓

川田岳史!私も宣言します!

 

 

懐かしいですね!Fさんは参加者25名の中で、あの3ヶ月の期間中にチラシを完成させた5名の中の一人なのですごく覚えていますよ^^

まずはご自分でポスティングしてみますとのことでしたが、出してみて反応はいかがでしたか?

出してみて、ちょろっとはお客様が来ました。

でも、もっと爆発的にすごい集客が出来るのかと思っていたので、自分の想像とは少し違いました。

 

で、その後新潟の長岡で川田さんのセミナーがあったので、もう一度勉強し直そうと思って、参加したんです。

その頃は他にも色々なセミナーに行っていましたが、どれも具体的なやり方がわからず、家に帰ってからちょっとやってみるけど、わからなくてすぐ辞める、といったものばかりでした。

 

でも、川田さんのセミナーの場合は自分の販促物の添削はもちろん、他の人のアドバイスまで見れるというところがすごく良いですね。

 

確かにそのへんは、他のセミナーと違ってきちんと成果を出して欲しいので、意識して組み込んでいます。客単価について少しお伺いしますが、オープン当時の客単価は6,000円前後くらいでしたよね。

そうですね。

ここ半年ぐらいでは、ようやく8,000円ぐらいまで上がってきました。

 

自分のお店の場合は男性客の比率が高かったのですが、チラシでターゲットを女性に絞り、メニューもそれに合わせたものを前面に打ち出すようにしました。

客単価をUPしたわけではなく、「客層」を変えた、という方が正しいのかもしれません。

 

独立後の二度目の紙ペンセミナーでは、まず最初は何から取り組みましたか?

まずLINE@をやりました。

あと、既存・休眠DMの取り組み、それから、オープンしてから1年後のタイミングで、炭酸泉の年間会員を行ないました。

成果はどれもこれも、すごい出ています。

 

素晴らしい!自分のお店を持って、色々取り組める環境が出来ましたね!

そうですね。

今まで自分が働いていたお店では、DMもチラシも、特に何もやっていませんでした。

12月になんかくじ引きやる、みたいな、それぐらいでしたね。

でも、期限とかも特につけてないし、戦略を持って何かに繋げるためにやっているわけでもないし、とにかく、「販促活動を行う」という文化自体がありませんでした。

 

だからこそ、知らないし、はじめ川田さんのセミナー受けた時も怪しいと思ってしまいました笑

 

当時はお店出せば来るし、技術が上手であればそんなのいらない!と思っていましたね。

でも、よくよく内輪の話を聞いていると、技術が上手で流行っていないお店と、そんなに上手じゃないのに流行っているお店がどうもあるみたいだ、ということを知るようになりました。

 

そこから、なんか流行っているお店はやっているんだろうな、と思うようになりました。

 

なるほど。紙ペンセミナーは一応オーナーさん向けのセミナーなので、スタッフさんの状態だと「怪しいセミナー」と思われても仕方ないかもしれませんね笑

知らないことが多すぎる、っていうのもあるかもしれません。

今はチラシを出して成功だと言われるパーセンテージも知っているので、出し続けることが出来ています。

そのパーセンテージとかの知識とかも持っていなければ、「これ1万枚も出したのにこの人数しか来ないの?」と思って、今頃きっとチラシは辞めていたと思います。

 

今までチラシは6回くらい撒いていますが、毎回の反応率やリピート率、利益率を考えて、まだまだ試行錯誤しています。

 

DMも出せば反応はありますし、既存DMも休眠DMも出し続けています。

 

お店の売上に関する具体的な成果はどうですか?

昨対売上140%!

客単価6,000円前後から8,000円台にまで急上昇しています!

 

今は、川田さんが言っている販促活動をやると売り上げが上がっていく、という図式がわかるようになりました。

 

でも、俺の周りの他の参加者の方に聞いてみると、ほとんど誰もやっていません。

 

昔受講した美容師さんに話を聞くと、「みんながこの講習を受けて、みんな同じことやっちゃったら、意味ないじゃん。」とか「なんならこの講習を真似する方が売上が上がんないよ!」みたいなことを言ってる人もいましたよ笑

 

でも、シンプルに取り組むだけで売り上げ上がるなんて、こんな楽しいことないなって今では思います笑

 

自分もお店を出した時は、自分なりのやり方でやろうと思った時もあったんですけど、かといって明確な目的とかゴールとかがあるわけでもないし、乗っかっちゃった方がいいなと、ある時切り替えました。

 

怪しいセミナーから一変、考え方が変わったキッカケは何だったんですか?

去年の11月、東京で行われた※ブルー会員のセミナーに参加した時、S口さんに怒られたんですよ。

ブルー会員:美容師さん専門の月額会員コミュニティ

 

S口さんベロベロに酔っ払ってましたが笑、

「あそこで川ちゃんに表彰されてない人たちは、やってない人たちだ。どんなに本人がやってると言おうが、それはやったうちに入らない。Fさんはあそこで表彰されてないんだから、まだやってないんだよ。」

と言われたんです。

 

その時、俺は頑張ってるつもりだったので、S口さんから言われてハッとしました。

俺、S口さんに比べたら、何もやってないに等しいんだな、と気づかされたんです。

 

みんな何年も頑張っていて、俺はたかが1年ぐらいで、頑張ってるフリしてるだけだなって我に返りました。

 

同じ男性の一人美容師で、結果を出している人に言われた言葉は、とにかく刺さりましたね。

 

S口さんの記事はこちら
↓↓↓

1人経営美容室で安定の技売り100万超え年間キープ!【東京都高円寺】

 

 

ヤバイこれ泣ける話ですね。S口さんアツい男ですからね!

アツいですね!

オープンしちゃったら誰にも相談できないし、叱ってくれる人もいません。そんな中で、こういった人間関係が持てているのはとても有難いなと思います。

 

厳しくも互いに励ましあえる環境って、大人になるとそうそうないですよね!

そうすると、Fさんが一番セミナーに来てくれているのかな…?

そうなんですか 笑?

新潟2回、長岡1回、計3回参加してますね。

 

参加してもやらない人もいる中で、3回も参加する理由は何ですか?

行くたび違うことが学べる、という人が多いみたいですけど、俺の場合は川田さんに会うことで、継続して販促活動が続けられる、というのが大きいです。

 

直接会って話すと、動けるんですよ。

 

あと、みんな意外とやらないことがわかったんで、俺は逆に安心してますね笑

やり続ければ成功は出来ると思っています。

 

やり続ける。実はこれが一番難しいことでもありますね。Fさんはどんな方に紙ペンセミナーはオススメだと思いますか?

まず、聞いただけで「なんかうちには合わないよね」って人だとあんまり意味がないかな、と思います。(※雇われ時代に一緒に参加したオーナーのことです笑)

 

あとは・・

これ言っていいのかな・・笑

 

今オーナーの人で、変われる人って少ないんじゃないかなって思うんですよね・・・。

 

あ、でもこれはあくまで俺の主観ですよ!

ただ、長くやっていればやっている人ほど変化を嫌うというか、変わりづらいような気がしています。

 

かと言って、スタッフが行ってもオーナーに潰されるんですよ。オーナーがそれはやりたくない、と言えばそれで終了なんで・・。

 

だから、自分自身が変わりたいと思ってる人で、オーナーに潰されず、行動を実行に移せる人であればどんどん色んなことに挑戦が出来て、楽しさが実感できるんじゃないかなって思います。

 

俺は自分の20年間くらいの美容師人生の中で、この2年半が一番楽しいです!

今までは「仕事」として割り切って仕事していたり、やらされる仕事をただこなしているだけでしたが、今は自分主体で動けているので、とても楽しく美容師が出来ています。

 

Fさん、たくさんのお話ありがとうございました!

オシャレな空間と、真面目な人柄が絶妙な組み合わせで

とても不思議な魅力を持っているFオーナーでした。

 

これからも益々のご繁栄を心から応援してます^^

 

「販促は1日にしてならず」
川田でした。

>>Fさんが参加したセミナーはこちら

 

美容室経営のお役立ち情報発信中!
↓↓↓
ブログの感想もこちらまで♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です