とあるカリスマ美容師の名言

「販促は1日にしてならず」
美容業界に新しい風を吹かせる!
それがブルー・オーシャン戦略!

今日のブログは、あるお店の待合で聞こえて来た、美容師さんとお客様のお話をシェアします。

そのお店の美容師さんは、とあるカリスマ美容師の名言についての持論を、お客様に対して熱心にお話しされていました。

その名言とは、彼が若い頃に聞いた話なんだそうで・・・

 

【とあるカリスマ美容師Aさんの名言】

“カリスマ美容師Aさん”
目の前のお客様のご要望に100%応える。
どんなご要望でも絶対にNOとは言わない。

 

それに対し、

【美容師Bさん】

“美容師Bさん”
カリスマ美容師Aさんはこういうけど、俺はそうは思わない。

髪にとって良くないことは良くないとハッキリ言うし、辞めた方がいいと思えばやらない。

他の美容室ではやってくれたとか言われても、要望が叶わなくて本人が怒ったとしても、それでもやらない方が良いと思えば俺はやらない。

 

 

・・・いかがでしょう?

あなたはどちら側の意見に賛同しますか??

 

 

どちらが正解という訳ではありません。

どちらの言い分も間違っていないし、どちらが正しいわけでもありません。

 

それは単に価値観の違いなだけです。

 

 

ただ、この話には続きがあって、、、

 

なぜ、あの美容師Bさんはダメな事はダメとハッキリ言うのかと言うと、、、

 

“美容師Bさん”

そこまでのブリーチをしたら髪が傷む

そんなカラーをしたら傷む。

あんなパーマをしたら傷む。

そんなトリートメントしたって無駄。

 

だから、、

出来ない。
無理。
髪がかわいそう。

 

それが、Bさんの言い分でした。

 

だけど、私はそれを聞いていて、違和感を感じました。

今あるもので考えるから、出来ない発想になる訳で…

 

 

だったらこんなメニュー作れないかな?

あんなトリートメントあったらいいな。

こんなカラー剤ないのかな。

あんなパーマ剤ないのかな。。

(※ちょっと書いてたら、ドラえもんの歌みたいになってしまった・・・笑)

 

「ねぇディーラーさん、こんなお客様がいるんだけど、叶えられるメニュー作れないかな?」

 

とかとか、、

「どうやったらお客様のご要望を叶えて差し上げることが出来るだろうか?」という発想が薄いように感じました。

 

彼の言っているように、出来ないことは出来ないとハッキリ言った方が良い。

それは間違いない。

 

ただ、お客様のご要望を叶えられるメニューも、世の中探せばいくらでも作れるのになぁ…

なんて風にも思ったり。

 

なんなら、

“自分で作っちゃう系”
ないから自分で作っちゃいました!

 

なんて美容師さんも、全国にたくさんいらっしゃるじゃないですか。

というか、

 

そこがキャッシュポイントでしょ???

と思う訳です。

 

事件は現場で起こっている訳で…^^

 

 

今難しいから、
今叶えてあげられていないからこそ、

他と差別化できて、既存客にも喜んでもらえて、それが最終的に集客にも繋がるのでは??

 

今流行ってるメニューを提案するのではなく、

お客様のお悩みを解決するメニューを提案出来るようになれば、もっとBさんのお店は喜ばれるお店となり、

結果として、売り上げも利益も高まっていくことでしょう。

 

かの有名カリスマ美容師の
「お客様のお悩みを叶えてあげたい」

そういったマインドが、カリスマたるゆえんなのかもしれません。

 

今日はちょっと呟きブログでした^^

 

あなたも
「出来ない、分からない、無理、面倒くさい」という四大悪魔言葉を言わずに、

どうしたら出来るのか?を探すことが重要です!

 

連日暑い日が続きますが、お身体に気をつけて頑張って行きましょう!

 

「販促は1日にしてならず」
川田でした。

 

 

美容室経営のお役立ち情報発信中!
↓↓↓
ブログの感想もこちらまで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です