美容室での失客の原因の上位とは?

美容室での失客の原因の上位とは?|Kawada Takeshi

「販促は1日にしてならず」
美容業界に新しい風を吹かせる!
それがブルー・オーシャン戦略!

本日は、埼玉 熊谷でのPOPセミナー^ ^

ということで、今年の月火はほぼ全部セミナーで埋まっております。皆さまのお役に立てる明日から使える実践的な内容をお届けします。

今週は、月曜長岡、火曜埼玉、水曜金沢、木曜栃木と各地を飛び回っております。

私の行うPOPセミナーですが、誤解している方もいるのでお伝えしますと、

「POPで物を売る」為の内容ではありません。

私は、「売らずして売る」という美学をお伝えしています!

美容室は、対面接客出来る強みと同時に、お客様は逃げ場のない空間なのです。

美容室での失客の上位の原因とは?|Kawada Takeshi
あなた自身こんな経験ありませんか?

洋服を買いに行って、
定員さんに

「いかがですかぁ?似合いますね〜」

とか話かけられて、そそくさとお店を出た経験ありませんか?

 

コンビニで、

「キャンペーン中なので、こちらの唐揚げお一ついかがですか?」

と言われ、食べたいけど、「いや、大丈夫です!」と答えた事ありませんか?

私なんて、先日ガソリンのランプが点いて、スタンドを探していたのに、旗を振ってるお店に入るのが嫌で、別のお店を探しました。

 

そもそも、
人間はセールスされるのが苦手なんです。

しかも、欲しいと思っていても、買わされたと思いたくないんです!

ですので、良かれと思って勧めたキャンペーン商品を断りきれず買ったは良いけど…。

買わされた…と言ってお店を変える方は多いんです。

 

これって、実は失客の原因の上位に来る事をご存知ですか?

ですので、売りたい気持ちをいかに消して、お客様に喜んで頂きながら対価を頂くか。

これって、究極のセールスの仕方だと私は思います。

一度の来店で、基本セールスは一回と言われてます。アレもコレもセールスすれば単価は上がれど、嫌われます。

 

そこで、お客様の方から声をかけて頂けたらどうでしょう?

こちらから、
「キャンペーン中なのでいかがですか?」

ではなく、

お客様の方から、
「これって何ですか?」と聞いてもらえる。

その為に、
【お客様の方から声をかけて頂けるPOPの作り方】をお伝えしています。

 

POPで売ろうとしてはいけません!

POPはあくまでもキッカケにすぎません^ ^

売らずして売る
これがセールスの美学です!

美容室での失客の上位の原因とは?|Kawada Takeshi

↑このポーズ何をやっていた時のか全く記憶になしっ笑!!

 

「販促は1日にしてならず」
川田でした。

美容室経営のお役立ち情報発信中!
↓↓↓ブログの感想もこちらまで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です