美容室は、POPを使えば店販やメニューが簡単に売れる!?

美容室は、POPを使えば店販やメニューが簡単に売れる!?|Kawada Takeshi

「販促は1日にしてならず」
美容業界に新しい風を吹かせる!
それがブルー・オーシャン戦略!

面白かったらチャンネル登録お願いします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

美容室は、POPを使えば店販やメニューが簡単に売れる!?|Kawada Takeshi

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

美容室で、店販商品やメニューをお勧めするのが意外と苦手な方は多いようですね。

しかし、それは売り手側の美容室側だけの話ではなく、実はお客様の方も毎度毎度セールスされることが苦手のようです。

 

美容室の失客理由の一つに、

「いつも美容室に行くたびに色々勧められて嫌なんです・・」という声はネットでも多く掲載されています。

 

 

確かに、美容室の場合は、他と比べて逃げ場がありません。

洋服屋さんや雑貨屋さんのように、自分がその場から立ち去れば良いという状況ではありませんので、注意が必要です。

 

あなたにもこんな経験ありませんか?

 

例えば、ショップに洋服を買いに行きました。

 

あなた「う〜ん、そうだなぁ。どの洋服がいいかなぁ♪」

と悩みながらショッピングを楽しんでいると、

 

店員の方が

ツカツカツカッ!と来てですね、、

 

店員「お客様、いかがですか?こちらもいかがですか?(ニコッ)」

なんて言われた日にはですね・・

 

「欲しいなぁ〜。。」と思っていたものでさえ諦めて、

あなた「あ、だいじょうぶですぅ〜。」

 

と心を閉ざしたりしたこと、ありませんか?

その場から逃げ去ったことありませんか?

 

これが、お客様の心理なのです。

 

「売られる」

と思うと、逃げたくなるんです。

たとえ欲しくても、心を閉じてしまうんです。

 

 

美容室でも同様で、

 

「キャンペーン中なのでいかがですか?」

「こんなのピッタリですよ!」

 

なんて言えば言うほど、

 

「わっ、またちょっとセールスされてる〜」

 

と思うわけですね。

 

ですので、いかにセールス感を無くし、お勧めし易くするか・・が大切になります。

 

 

そこで今回、声を掛けて頂きやすいPOPテンプレートを用意しました。

 

私が考えたPOPテンプレートは全部で12個あります。

 

そのテンプレートを使えば、今までよりも簡単に店販やメニューが売りやすくなるでしょう。

 

今回は、テンプレートをご紹介する前に、POPの本質的な部分をお伝えしていきたいと思います。

 

まず、美容室でのPOPの重要な役割として、

 

美容室POPは、

「物を売る」のが目的ではない

ということを忘れてはいけません!

 

美容室POPの最大の目的は、物を売ることではなく、

「お客様の方から」声をかけて頂けること!!

 

これがPOPの重要な役割なんです。

 

お客様の方から声をかけてさえもらえれば、POPの役割、

 

100% 大成功!

なんです。

 

物を売ろうとして、頑張って色々書いてセット面にペタペタ貼りすぎては逆効果になりかねません。

 

「これって何ですか?」

「えー、そーなんですか?知らなかったわ!」

 

そんな風に声を掛けてもらえさえすれば、100点満点です。

その後は、お客様の悩みに寄り添い、解決策を提案してあげればいいのです。

 

 

このように、美容室ではお客様から声をかけて頂く事がPOPの重要な役割なのですが、いきなりPOPを作ると言っても難しいと思いますので、

 

今回、声が掛かりやすい鉄板テンプレート12個を作りました。

 

これこそノーセールス美容室。

とても大事な部分になってくるんです。

 

それでは、鉄板テンプレート12個を使って、

「お客様の方から」声をかけて頂けるPOPを作ってみてくださいね!

 

応援しています!

 

 

「販促は1日にしてならず」
川田でした。

 

〜明日の配信予定はこちら〜

10/31(火)美容室でPOPを作るなら技術メニューに繋げろ!

 

 

エントリー表明はこちらから!
↓↓↓
ブログの感想もこちらまでお願いします♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です