美容室でPOPを作る前に用意するものとは

美容室でPOPを作る前に用意するものとは|Kawada Takeshi

「販促は1日にしてならず」
美容業界に新しい風を吹かせる!
それがブルー・オーシャン戦略!

面白かったらチャンネル登録お願いします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

美容室でPOPを作る前に用意するものとは|Kawada Takeshi

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まず、美容室でPOPを作る前に用意するものとは・・・

紙とペン。

 

も、もちろんそれも大切なのですが・・笑

 

成功させる為に最も重要な事があります。

 

まずお客様が物やメニューを買う時、お客様はどういうものが欲しくてそれらを買うのか?

という、根本的な人間心理を知らなければいけません。

 

なぜ人は、物やメニューを購入するのか?

 

それは、「自分の悩みを解決したり、欲求・要望を叶えるため」に購入します。

 

 

基本的に、悩みがあるから、それを解消してどうなりたい!

という願望や欲求があるわけです。

 

ですのであなたは、お客様のお悩みを徹底的にリサーチし、要望を聞き出さなければなりません。その上でメニューや商品に置き換える訳ですね。

 

例えば・・

最近頭皮が薄くなってきた・・もっとフサフサになりたい!!

ハリ・コシがなくなってきた・・もっと髪に元気が欲しい!

最近年を取って見られる・・・若返りたい!

乾燥して髪がパサつく・・・ツヤツヤ・キレイ・手触りの良い髪になりたい!

 

というように、

これらの悩み・欲求を満たすような店販やメニューを用意することが何よりも先なんです。

 

 

物やメニューを「売る」のではなく、お客様の悩みを解決したり、欲求や要望を叶えて差し上げる為の店販やメニューを「ご紹介する」だけです。

 

決して「売る」のではないです。

だから、ノーセールス美容室なんですね。

 

あまりにもセールス感の強い美容室はお客様から嫌がられ、失客になりかねません。

 

それを防ぐためにも、

お客様がお悩みを解決できるメニュー

要望・欲求を満たすためのメニュー

 

こういったものをお店の店販やメニューとして探していきましょう。

そして、その魅力を言葉で伝えるのがPOPなわけです。

 

あなたのお店のメニューは、キチンとお客様目線になっていますか?

本当にお客様のお悩みを解決出来るメニューや店販品ですか?

 

再度、しっかりと検証しましょう!

 

応援しています!

 

「販促は1日にしてならず」
川田でした。

 

〜明日の配信予定〜

【今すぐ使える!基本のテンプレ5選】
11/4(土)ご存知ですか型|美容室で3倍売れるPOPの書き方

 

 

エントリー表明はこちらから!
↓↓↓
ブログの感想もこちらまでお願いします♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です