間違い指摘型|美容室で3倍売れるPOPの書き方

間違い指摘型|美容室で3倍売れるPOPの書き方|Kawada Takeshi

「販促は1日にしてならず」
美容業界に新しい風を吹かせる!
それがブルー・オーシャン戦略!

面白かったらチャンネル登録お願いします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

美容室は、POPを使えば店販やメニューが簡単に売れる!?|Kawada Takeshi

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回は、「間違い指摘型」となります。

お客様の美容の知識は、大抵間違えていることが多いです!

 

例1

自宅での正しいシャンプーの仕方

 

「自宅でシャンプーする時、予洗いもせずいきなり頭皮にシャンプー付けて泡立てていませんか?」

 

正しい方法は、まず髪を濡らす前にブラシで梳かしましょう。

その後1、2分ぬるま湯で頭皮と髪についた汚れを流します。

シャンプーを適量手に取り、手のひらに馴染ませたら、髪の毛先の方で泡立てます。その泡を頭皮や髪全体に馴染ませます。

また頭皮は、指の腹を使い、頭皮を動かすようにマッサージすると育毛効果に繋がります。

 

 

例2

正しい髪の乾かし方

 

「髪の乾かし方、間違えていませんか?」

 

正しい方法は、髪を乾かす前にドライヤーの熱から髪を守らないとダメージの原因になってしまいます。

ミルクやオイルを髪全体に馴染ませることで、ドライヤーの熱から守ることができます。

 

このように、話のきっかけとしてお客様の間違いを指摘してあげて、メニューや商品に繋げることができます。

 

 

例3 応用

間違え指摘型 × クイズ型 × 恐怖型

こんな間違えたクレンジングの方法していませんか??

☑クレンジングオイル

☑クレンジングミルク

☑クレンジングジェル

☑拭くだけコットン

さて、一番お肌に負担がかかるのはどれでしょう?

 

というように、クイズ型と抱き合わせても良いですし、

 

「そのままでいると、お肌の摩擦によりシミ・シワの原因になってしまいます!」

 

というように、恐怖型と抱き合わせることもできます。

 

 

このように、慣れてくると、今まで紹介したテンプレートを組み合わせることで、さらにお客様の気持ちに訴えかける事が出来るでしょう。

 

 

例4 あなたへ型 × 間違え指摘型 × 恐怖

ご自宅でカラーしているあなた!

もしかして、根元と毛先、同じカラーを使っていませんか?

 

そのまま強い薬剤を使っていると、髪が余計に細くなり傷んでしまいますよ!

 

ご自宅でカラーしているあなた!

どこから染め始めていますか?顔周りから染めてはいけません!

 

 

このように、プロは当たり前にやっている事でも、お客様は知らない事が多いんです。

 

ですので、それをPOPで教えてあげる。

教育的なPOPになる訳ですね。

 

お客様から

「へぇ、そうなんですね。
知らなかった。ありがとう!」

 

「じゃあ試してみるわ!」

 

と言って頂けるようなPOPを作成してみましょう。

 

ぜひこちらも試してみてください。

 

応援してます。

 

 

 

「販促は1日にしてならず」
川田でした。

 

〜明日の配信はこちら〜

11/12(日)ストーリー型|美容室で3倍売れるPOPの書き方

 

 

POPコンテストエントリー表明はこちらから!
↓↓↓
美容室経営のお役立ち情報発信中!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です