最新消防車から学ぶ美容室経営

最新消防車から学ぶ美容室経営|Kawada Takeshi

「販促は1日にしてならず」
美容業界に新しい風を吹かせる!
それがブルー・オーシャン戦略!

なんと、今までは消火活動に欠かせないと思われていた「アレ」を使用しなくても、火を消すことが可能となった最新の消防車が誕生!

先日テレビを観ていたら、こんな驚きのニュースをやっていました。

あなたは一体、どんな方法だと思いますか?

一般的に、今よりもっと早く火を消したいと考えるなら、

・従来よりも水の量を増やす
・従来よりも水圧を高める
・従来よりも大きいポンプ車を作る

こんなことを思い浮かべるかもしれません。

しかし、
今回の最新消防車は違います。

なんと、
消火活動にいっさい「水」を使用しないのです!

最新消防車から学ぶ美容室経営|Kawada Takeshi

もちろん、消化剤も使いません。

えっ じゃあどうやって?
と思いますよね。

実は、
この最新の消防車は、「空気」で消火するんです。

災害現場の空気から「窒素」の濃度を高めた気体を作り出し、火が燃え上がる原因となる「酸素」の濃度を下げることに成功。

これにより、
水も消化剤も使わずに、消火させることが可能となったのです。

ちょっと思い出してみてほしいのですが、バーベキューや焚き火をする時は、火を起こすためにパタパタとうちわを扇いで、「酸素」を送り込みますよね。

最新消防車から学ぶ美容室経営|Kawada Takeshi

そして、
この火を起こすために必要不可欠な「酸素」自体を取り除いてしまおう!という発想から、今回の最新消防車は生まれたのです。

火を水で「消す」のではなく、
火を起こす原因を「取り除く」という逆転の発想。

水を大量に運ぶ必要もないですし、周りがびしょ濡れになることもない。
博物館や美術館、重要文化財などを扱う場所で、この最新消防車が大変役に立ちそうですね!

とっても画期的!!!

このように、
発想の転換というのはビジネスにおいてとても大切です。

美容業界で言うと、
最新技術の「アルカリを使わないカラー剤」などがいい例ですね。

最新消防車から学ぶ美容室経営|Kawada Takeshi

一般的にはアルカリカラーを使って髪を傷めてしまっていたのが、トーンキープダウンであれば、アルカリを使わなくてもカラーが可能になりましたね。

また、
従来の傷んだ髪のパサつきをトリートメントで「補修」するのではなく、熱・テンション・アルカリ剤を「取り除く」ことで髪の負担を減らしていく。

こういった思考って、先ほどの
空気で消火する最新の消防車に似ていると思いませんか?

お客様目線に立って、本気で良いものを作ろうと日々考えているからこそ、出来る発想かもしれません。

あなたのサービスでも、
悩みの原因自体を「取り除く」ことによって、劇的にサービスが向上するものはありませんか?

今日は、ちょっといつもと違った目線から、新しいサービスの提供を考えてみてはいかがでしょう。

新たな発見があるかもしれませんよ^^

 

「販促は1日にしてならず」
川田でした。

 

美容室経営のお役立ち情報発信中!
↓↓↓
ブログの感想もこちらまでお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です