98%の人が出来ていない…お客様目線の考え方

「販促は1日にしてならず」
美容業界に新しい風を吹かせる!
それがブルー・オーシャン戦略!

「売上を上げたい!」と思った時、実際何(What to)をしたら良いか分からず、フリーズしてしまう方も多いと聞きます。

考え抜いた挙げ句…
集客したいから「集客サイト」みたいな安易な発想になりがちです。

 

セミナーでもブログでも常々お伝えしていますが、売上を上げるには、

・失客を減らし、再来店を高める
・客単価を上げる
・新規客数を増やす

という3つの方法が重要です。

 

多少でもマーケティングを学んでいれば、この3つは聞いたことがあると思います。

それぞれ、この3つを分解し、HOW(戦略)を考えると、色々なアイデアが浮かびやすいと思います。

 

私がサポートのお手伝いをさせてもらう時は、その店その店の足りない部分を見極め、短期、長期戦略を考え、具体策を講じていきます。

 

仕事柄、沢山の経営者の方々とお話をさせて頂きますが、ヒアリングをしていると、

・どうやったら、売上が上がりますか?
・どうやったら、客単価を上げられますか?
・どうやったら、リピーターが増えますか?

という質問をされることが多いです。

 

しかし、私はその言葉を聞く度、だから上手くいかないんだよな…と感じています。

なぜならそれは…
全部「自分」が主語だからです。

 

・どうやったら「私のお店」は売上げが上がりますか?
・どうやったら「私のお店」は単価を上げられますか?
・どうやったら「私のお店」はリピーターが増えますか?

というように全て自分目線で考えています。

 

主語が「自分」という発想で物事を考えると、狭い視野で戦略を立ててしまいがちです。

 

逆に、「お客様目線」で物事を見れると、全く発想が変わってきます。

 

・どうやったら「お客様」に来店して頂けるのか?
・どうやったら「お客様」に高単価のメニューを買って頂けるのか?
・どうやったら「お客様」にリピートして頂けるのか?

 

というように、「お客様」が主語になる事でアイディアも浮かび、アイディアの内容が変わってくる事がお分かりですか?

 

 

私は常々、「お客様目線」を大切にするようにお伝えしています。

しかしあなたは、

そんなの分かってるよ!
当たり前じゃん!
と思うかも知れません。

 

でも、頭では分かっているようで、自然と出来てる人ってほとんどいません。

だから、売れないんです。

 

腹の底から、コレが理解できれば、その時点で圧倒的に勝てます。

これは、成功する為の根本的な「考え方」なのです。

 

今日の学び

商売は、お金を払ってくれるお客様がいてこそ成り立つもの。

本来の「お客様目線」とは、「主語をお客様に変える」ことが大切です。

良いトレーニングになりますので、ぜひお役立て下さい^^

 

 

「販促は1日にしてならず」
川田でした。

 

追伸:

4/23.24の個別相談会は満席になりました。
5月の個別相談会は、5/22(火)に開催します。

>>詳しくはブルーオーシャンオフィスのHPから

 

美容室経営のお役立ち情報発信中!
↓↓↓
ブログの感想もこちらまで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です