流行型|美容室で3倍売れるPOPの書き方

「販促は1日にしてならず」
美容業界に新しい風を吹かせる!
それがブルー・オーシャン戦略!

面白かったらチャンネル登録お願いします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

美容室は、POPを使えば店販やメニューが簡単に売れる!?|Kawada Takeshi

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回は、「流行型」についてお話ししていきます。

 

ここまで12個のテンプレートで、お客様から反応の高いPOPの作り方をご紹介してきました。

 

これら12のテンプレートは、まず

POPに気づき、お客様の興味を引いて、欲求を掻き立てて、感情を刺激し、声をかける(アクション)といったお客様の購買プロセスに沿っています。

 

お客様の方から声を掛けるということは、これらのプロセスを踏んでアクションを起こしているということです。

 

だから、声を掛けて頂ければ、

100点満点ということなのです。

 

今回は、現場では非常に声を掛けて頂きやすいPOPをご紹介します。

 

「流行型」というのは、今流行りのキャラクターや芸能人などを使ってPOPを作ります。

非常に効果的です!

 

例えば、

 

例1

「PPAP」

イントーマでンチエイジングしたらリティー

 

例2

「ブルゾンちえみ」

パーマって傷むと思ってな〜い?

じゃぁ、質問です!

 

このような有名なキャッチフレーズを使ってPOPを作っているお店もあります。

予想以上のお客様の笑顔と反応に驚いていますよ^ – ^

 

それからDAIGOさんの

 

例3

「 N! P! B!」

ーセールス容室ロデューサー

 

これもお客様に考えさせるPOPで、応用できますね。

 

まさしく、クイズ型と流行型を掛け合わせたPOPですね!

 

 

ぜひ、流行の面白POPを作って、お客様との会話に繋げてみてください。

 

応援しています!

 

 

 

 

「販促は1日にしてならず」
川田でした。

 

>>全17回の配信をはじめから見たい方はこちらから

 

 

美容室経営のお役立ち情報発信中!
↓↓↓
ブログの感想もこちらまでお願いします♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です