★優先順位★

 

・ウィルス対策動画最新版(★★★★★)

参考:モッズヘア成城店さん

今年に入りオミクロン株が拡大し、連日コロナの報道がされていて、世間の不安は募る一方です。

現在取り組んでいるウィルス対策を入れて、「動画を新しく制作して」LINEで配信しましょう!

公式LINEのリッチメニューにも、ウイルス対策の動画は常に置いておいてくださいね。

 

・公式LINEアカウントで空席案内配信(★★★★★)

来店促進や、お早めの予約、暇な日、暇な時間などを埋める為にも、LINE配信をしていきましょう!

特に、配信したい人に絞った配信(セグメント配信機能)が可能になったので、全体配信ではなくその方にあった配信内容が可能になりました。

これにより、ブロック率を下げ、配信数も抑えると同時に、開封率・反応率は上がるというより効果的なLINE配信が出来ます。

まずはお客様を属性分けし、セグメント配信をしていきましょう!

 

・1〜2月の炭酸泉年間会員の募集(★★★★★)

初めて炭酸会員を募集開始する方は、年賀状の裏面をセット面に貼り付け話のきっかけにしましょう!
また、スタート開始のPOPを貼り、炭酸会員8割を目指して誘致しましょう。

参考:とみなが理容室 佐藤さん

参考:ヘアーサロンきんぱ 桑原さん

「月に1回綺麗にしましょう♪」

「月に1回綺麗にしましょう♪」

「月に1回綺麗にしましょう♪」

毎月、この魔法の言葉を投げかけることを忘れないでくださいね笑

目指せ平均来店回数6回以上!

 

そうそう、
年間会員を誘致する目的は・・・?

「来店回数の間延びの防止」
「他店への失客防止」

でしたね^^

 

 

・3、4月のくじ引き企画・準備(★★★★☆)

参考:ヘアーサロンきんぱさん

このくじ引き企画は、来店周期間延び対策の一環で、5・6月の来店促進のために行うものです。

5・6月に使えるメニュークーポンを景品に入れて、くじ引きを準備しましょう。

プレゼントは、誰に何を?が大切です。単なるプレゼントではなく、通常メニューのお試し券が当たるように抽選箱を用意しましょう。

例えばガチャガチャのように、「誰に?」「何を?」が難しいくじ引き方法は、私は推奨しておりません。

何のメニューが良いかは、お店によって考えましょう。

公式LINEの登録が進んでいない人は、公式LINEに登録している人だけが引けるくじ引きにするなど、工夫しながらお勧めしましょう!

(もちろん、LINEをやっていないご年配の常連さんには、配慮してくじ引きを引いてもらってくださいね。)

 

・公式LINEアカウント登録(★★★☆☆)

8割登録がまだの方は、ポイントプレゼントなどで公式LINEの登録を促しましょう!

ポイントカードのポイントが溜まっても、値引きするわけじゃなかったら、こんな太っ腹な企画を立てても良いですよね^^♪

オミクロン株が拡大している状況下ですので、改めて緊急連絡先としてのご登録を促すにも良いチャンスですね!

 

 

・3月4月に出すチラシの準備(★★★☆☆)

来年の新規集客に向けて、今からチラシの準備も進めていきましょう!

また、チラシを撒く時は、WEB(HPやHPB、Googleマイビジネス)との連動性も同時に改善していきましょう!

 

 

・Googleマイビジネスのクチコミを増やす(★★★☆☆)

提供:ヘアーサロンきんぱ 桑原さん

お客様のご来店が多い繁忙期の今に、たくさんの方に依頼してみましょう!

まずは、全員にお声がけを!

Googleアカウントをお持ちではないお客様には、自社のホームページの2ショットの口コミ(正面で笑顔)を依頼してみましょう^^

>>詳しいやり方はこちら

 

【継続して行うこと】

●◯失客・再来店対策●◯

・公式LINEアカウントのリスト取り(顧客の8割)

・公式LINEから配信(毎月月初に定休日等配信、予約可否、接触頻度を高める、顧客教育ツールとして使用する、メニューの事前告知に使用する、暇な時間を埋める)

・新規向け3ステップカード

・VIP顧客に向けての次回予約

・お断りした人を追いかける(後で電話、LINE等)

・ごめんなさいチケット

・ニュースレターで関係構築(昔からやっている人はノーセールスで続ける。今やっていない人は、これから新たにやらなくてもいいです。)

・新規カウンセリング表

・ノーセールスの新規お礼状

・既存客DM(売り出したいメニューの割引クーポンで、比率UP)

・休眠客DM(その時期限定の特別スパ等、時間&コストがかからないものをプレゼント)

・炭酸泉年間会員制度(1月2月に販売、半年かけてプロモーション、自宅でできないクレンジング一択のブランディング)

・自宅で接触回数を増やす(カレンダーは年末の繁忙期に配布、OEMシャンプーは半年かけてプロモーション・プレスリリースをかけて権威性&ブランド力UP)

 

 

●◯客単価UP対策●◯

・お悩み解決メニュー(武器)の見直し(カラー比率50%以上、パーマ&ストレート比率25%以上目標)

・既存POPカウンセリング表

・独自メニュー開発(ネーミングの見直し)

・セットメニュー表(カラーver.、カラー&パーマVer.、パーマVer.、カット&スパVer.)

・金額設定を決める(セットメニュー&時短メニューで時間生産性を高める、松竹梅)

・お試しご優待券を作る

・高額コンセプト商品を作る

・見せ方を工夫して価値を高める

・プロモーションのシナリオを考える(アンケート→予告→モニター→お試し価格→購入比率を高める)

・くじを引かせて当たりくじ作戦(年に一度まで)

・店内POP(技術メニューが先!、夏や冬のボーナス時(繁忙期)は店販も強化!)

 

 

●◯新規集客対策●◯

・何かの先生になってセミナー開催してみましょう!

・店前看板の改善

・チラシ作成(内容、媒体、撒き方はテスト・テスト・テスト!)

・HPを作る

・HPの中身を改善する

・SNSは集客ツールではなく、予約用URLの拡散ツール(一貫したキャッチコピーとおすすめメニューでブランディングし、HPへ誘導する)

・ホットペッパービューティーの改善(ペルソナ設定、何かのNo.1、キャッチコピーに地域名、メニュー名の改善、ネーミングの改善、メニュー名の前に【魅力を伝える】、売りたいメニューを上から載せる、0円メニューの設定、魅力的なモデル写真の改善、ブログの更新、口コミ件数を増やす、スタッフ紹介を充実させる)

・求人用HPは別に作る(社保完備、1人あたり生産性80万円確保してから)